企業の先端技術を学び、新たな可能性を模索しよう

powered by リバネス

企業の先端技術を学び、新たな可能性を模索しよう

HOME

公開日:2016年2月29日

投稿者:sakaguchi

授業担当

代表教員:松本 悠(東京大学教養教育高度化機構初年次教育部門 特任講師)
楠春奈・武田隆太・吉田拓実(東京大学教養教育高度化機構初年次教育部門 特任研究員、株式会社リバネス)

What is

全学自由研究ゼミナール「企業の先端技術を学び、新たな可能性を模索しよう」は2015年Aセメスターより、株式会社リバネスの協力を得て開講されました。

学生が調査や実験、ディスカッションを経てグループで新たな解決法を生み出すこと。
初年次ゼミナール理科では授業内でそうした取り組みを行いますが、より実践的・具体的な先端の課題について現場の企業スタッフと交流しつつ、アカデミックスキルを身につけてもらいたいという目的のもとに、3つの課題が与えられました。

2015年 授業概要

企業の先端的な技術を、現場の方から直接講義いただき、学生がそれを学びました。そして、その技術の問題点や、社会での実用化などについて、企業から課題を提示いただき、それについて、学生たちが考え、最終的に意見やアイデアなどを、プレゼンしてもらいました。

学生が先端技術を学べると共に、社会に役に立つ意味のある技術を体験することで、学問や研究への興味を持ってもらう事を目的としました。同時に、学生が企業に興味を持つきっかけを作ることもできました。

受講した学生からは、「ディスカッションで新しい意見や考え方を得られた」「エンジニアの基本理念を学べた」「実際に模型を作って実験で切るのが楽しかった」、など多くの満足な感想が得られました。

課題1:お菓子の新たな可能性を考える(森永製菓)

嗜好品としてのお菓子の、新たな可能性を議論してもらう授業でした。この授業では、お菓子が与えうる、人間関係への影響、または社会への影響、など幅広く考えてもらいました。与えた課題としては、会議やコミュニケーションに、お菓子が及ぼす影響について、仮説を立て、どうすればその仮説を検証できるか、議論してもらいました。

課題2:水素社会の実装に向けて必要な技術開発・市民理解について考える(TOYOTA)

TOYOTAの燃料電池自動車、「MIRAI」を例に挙げ、水素を用いたエネルギー利用について現状と今後について広く議論してもらいました。技術的な点よりは、どのような利用法があるか、普及させるにはどうしたらよいか、企業が積極的に開発できるには、などグループディスカッションしてもらいました。

課題3:未来の浮体式洋上風力発電のモデル設計(新日鉄住金エンジニアリング)

洋上風力発電の先端技術を、さまざまな実例を元に紹介していただきました。その上で、完全浮体式の風力発電の安定な機構を考えてもらいました。高さ30㎝程度の模型を使って、風がある場合、波がある場合、両方ある場合で、もっとも安定して浮き続けるものを実際に作り、各グループで競い合いました。