FYE

FYE

メニューを開く

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属
教養教育高度化機構初年次教育部門

HOME >  PRESS&PUBLICATION

2018.09.05「LGBT医療福祉フォーラム2018」を開催します

カテゴリー:イベント

日時:2018年10月13日(土)・14日(日)
場所:東京大学駒場Iキャンパス 21 KOMCEE West, East
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html

対象者:医療・福祉専門職の方およびLGBT支援に関心のある一般の方
参加費:3,500円[一般]/1,500円[学生]
    2,500円[一般・事前登録]← 10/1申し込み分まで
    2,000円[医療福祉従事者交流会、事前申し込み必須]
主催:カラフル@はーと、東京大学教養教育高度化機構 初年次教育部門
参加申し込み:Peatixページ
イベント詳細アップデート:Facebookページ
お問い合わせ先:lgbtcolourfulheart_at_gmail.com (カラフル@はーと)
        _at_ を@に差し替えてご送信ください。

  • すべてのセッションに手話通訳とUDトークによるサポートがつきます。

会場入口とフロアマップ


プログラム

 

10月13日(土)

「シンポジウム LGBTのいのちと暮らしを守る」は、会場1で実施し、会場2に中継する予定です。

関連書籍の現地での販売は、13日 16:00-18:00 にEast地下1階 ホワイエ(渡り廊下)で行う予定です。

 West 001 会場1
(LH, レクチャーホール)

East K011 会場2West 003 会場3
(MMホール)
13:00-15:10シンポジウム
LGBTのいのちと暮らしを守る
15:20-17:00LGBTに関する医療福祉
分野の専門教育
LGBTと貧困マインドフルネスを体験してみよう!
のセルフケア実践講座
(15:20-16:20)
17:30-19:30医療福祉・支援者交流会

第1会場 13:00-15:10 シンポジウム 「LGBTのいのちと暮らしを守る」

「LGBTのいのちと暮らし」と聞き、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。そもそもLGBTの人々は、「いのち」や「暮らし」に困っているのでしょうか。もしそうであれば、どんなことに困っているのでしょうか。あるいは問題を解決したり、サポートできるのはいったい誰なのでしょうか。

LGBTが各ライフステージで経験する問題は多岐に渡りますが、その多くは世間一般に知られているとは言えません。学校や職場でのカミングアウト、制服やトイレ、いじめ・差別・偏見、自分を隠し続け自尊心が低くなること、法的に保証されないパートナーとの関係、老後のライフプラン・・・「いのち」や「暮らし」の大小さまざまな問題を、共に知り、考え、理解を深める場を作りたい思いで、シンポジウムを企画しました。

今回のシンポジウムでは、「LGBT」と「医療・福祉」の重なる領域で活動をされてきた3名のシンポジストを迎えます。 林直樹氏 には精神科医として臨床の現場に立ちながらLGBT支援に携わった経験を、桂木祥子氏 には精神保健福祉士としてのLGBT支援経験や社会資源のあり方について、浅沼智也氏 にはトランスジェンダーの看護師として働きながら啓発やピアサポートに携わってきた経験を、それぞれ詳しく話していただく予定です。クロストークやフロアを交えた質疑応答の時間も用意しています。ぜひご参加ください。

第1会場 15:20-17:00 「LGBT に関する医療福祉分野の専門教育」

本分科会では、日本における医療・福祉従事者へのLGBTに関する教育の現状について、医療・福祉の利用者、学生、各専門職の研究者とそれぞれの立場から共有します。更にフロアの参加者とともに今後どのような教育が必要かを論議し、教育を広めていく方法についてついても考察していきます。

<司会>  吉田絵理子
医師、 社会人大学院生として病院勤務をしながらLGBTと医療に関する研究を行っている。2018年よりLGBT当事者医師としての講演活動も開始した。

<シンポジスト>
鮫島甲太: 医学部5年生、 IFMSA-Japan(国際医学生連盟 日本) SCORA(性と生殖・エイズに関する委員会)の委員として多様な性や性感染症の啓発活動などを行っている
次六毅智:  看護師、訪問看護ステーション勤務(精神)、大学院博士前期課程看護管理学修了(看護学修士)。修士論文テーマは「セクシュアル・マイノリティが経験した不安や困難と看護師の関わり」
中島蓮:  医学部栄養学科の学生、IFMSA-Japan(国際医学生連盟 日本)SCORA(性と生殖・エイズに関する委員会) Rainbow Flag Project責任者、中学生のときにトランスジェンダー(FtM)であると自覚し、大学生としてカミングアウトをしながら生活している
佐々木 宰: 介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員。介護福祉士養成施設教員を経て、2016年より介護福祉関係の研修・研究機関に所属
松灘かずみ: カラフル@はーとのスタッフとして女性ミーティングを担当。東京YWCA「DVサバイバーと協働するための支援者トレーニング」トレーナーチームにも所属

第2会場 15:20-17:00 「LGBTと貧困」

病気で働けなくなった。非正規労働で低賃金だ。家族と折り合いが悪く、暴力を受けたことがあるので頼ることができないーー。このような現象はだれにでもおきうることですが、一般的に社会的にマイノリティである人ほど、このようなリスクに直面しやすく、またこのような状況に陥った場合のダメージが大きいと言われています。学校で、会社で、自分のことを理解してくれる人が見つからずに所属を転々としたり、そもそも家族との折り合いが悪いために困ったとき頼れなかったり、地域社会でもだれに助けを求めたらいいかわからなかったりするLGBTの人々がいます。

「貧困」とは、単にカネがない=貧乏であるだけでなく、社会的に孤立し、つながりを得ることが難しい状態のことをさします。ひとたび貧困に陥った当事者たちをどのように支援に繋げていくか、具体的な事例を交えながら、NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい理事長の 大西連 さんと、 長年レズビアンやバイセクシュアル女性の支援に関わってきたLOUD代表の 大江千束 さんのお二人に伺います。

第3会場 15:20-16:20 「マインドフルネスを体験してみよう!――こころのセルフケア実践講座」

「マインドフルネス」という言葉をご存知でしょうか。仏教にルーツを持ちながら、現在では認知行動療法のひとつとして精神科・心療内科など医療現場を中心に使われるようになった技法です。抑うつや不安の軽減に効果があり、ストレス対処にも効果的な方法です。グーグル社などで社員の心の健康対策として導入されたことも話題になりました。

LGBTの人々はメンタルヘルスの領域ではハイリスク群とされています。その理由はいくつか考えられますが、セクシュアリティを開示できないことによるストレス、セクシュアリティを開示したことによる周囲との関係性の変化、社会的偏見や差別、スティグマによる自尊心の傷つきや自己価値の低下など、主に心理社会的要因が指摘されています。こういった少数者性に起因するストレスは「マイノリティストレス」と呼ばれ、普段の生活では意識されないことも多いですが、メンタルヘルスを慢性的に低下させる要因となっています。これまでの調査では、LGBTは一般集団に比べて抑うつ傾向が強く、希死念慮や自殺企図の率も有意に高いことが明らかにされており、解決すべき喫緊の課題のひとつです。

分科会では、マインドフルネスを体験しながら、ストレスとの付き合い方について学びを深める予定です。対人援助職はストレスフルな現場に身を置くことも多いですから、参加者の皆さんのメンタルヘルス対策にも活用していただけると思います。ぜひご参加ください。

 

10月14日(日)

 West 001 会場1
(LH, レクチャーホール)
East K011 会場2East K212 会場4
10:00-11:30LGBTとDV/性暴力被害LGBTの子ども若者支援地域支援者のための入門セミナー
HIV/エイズ、依存症、
セクシュアルヘルス
11:30-13:00昼食休憩
13:00-14:30GID/トランスジェンダー
と医療
事例から学ぶLGBTと
医療福祉
誰が何に困っているのか?
14:40-16:10地方自治体における
LGBT支援
LGBTと介護

14日は構内の生協食堂と購買が休みですので、昼食時は混雑が予定されます。
近隣のランチマップを参考にしてください。

第1会場 10:00-12:00 「LGBTとDV/性暴力被害」

最近、LGBTsへの差別や偏見についてはメディア等でよく、取り上げられています。しかし、LGBTsのカップルの間にもDVがあり、同性間やLGBTsが被害者であったり加害者ともなる性暴力もあることはあまり知られていません。

 今回は講師に 田中玲 氏と 辻雄作 氏のお二人をお招きして「DVとは何か」「性暴力とは何か」をかいつまんで説明しつつ、実際の経験談や事例などを中心に話しを進めていきます。

司会の 松灘かずみ 氏は現在カラフル@はーとスタッフ。最近はをキーワードにしたネットワークにも関わり、東京YWCA「DVサバイバーと協働するための支援者トレーニング」トレーナーチームにも所属しています。 辻雄作 氏は、LGBTs・男性・若者など相談員、性暴力・DV被害者支援員。性暴力やDVの被害者支援や加害者更生教育、LGBTs、女性、男性の相談などの活動、90年代から実践しており、ロビイングなども行っています。

  田中玲 氏はかたり場malu副代表。27年前、MTFレズビアンの人に誘われコミュニティデビューをし、LGBTQを横断してきました。18年前くらいまで一緒に暮らしていた元恋人からDV、性暴力、ストーカー被害にあい、そこから匿ってくれた恋人には精神的暴力を受けた経験を持ちます。

第2会場 10:00-12:00 「LGBTの子ども若者支援」

LGBTの子どもや若者にとって、差別や偏見にさらされず安心していられる居場所があることは、自己肯定感をはぐくむうえで非常に重要です。いまの日本において、そうした居場所がすべてのLGBTの子ども若者のアクセス可能な範囲にあるとはいえませんが、近年では、学生サークルや自治体と連携した居場所づくりがすこしずつ増えてきています。

医療福祉の現場においても、多様な性をもつ子どもたちへの対応が求められます。子どもたちのニーズは一人ひとり異なっていますが、それらを正確に把握するためには、かれらがどのようなことに困りやすいのかをある程度知っておく必要があるでしょう。また、子どものニーズを実現するためには、周囲の大人の理解や協力が必要になることも多いことから、専門職としてどのように支援者を増やしていくか、周囲を巻き込んでいくかという関係調整のスキルも求められます。そこには、保護者をはじめ、学校の教員や地域の子どもにかかわる機関、LGBTの若者支援団体等との連携が含まれます。

本分科会では、LGBT若年層支援に取り組む 星野慎二 さん、児童養護施設におけるLGBTの子どもの調査をおこなっている 藤めぐみ さん、トランスジェンダーの子どもを支援する精神科医の 康純 先生のお三方から、これまでの活動や今後の課題などについてお話しをうかがいます。現在、子どもとかかわる現場で働いている方はもちろん、子ども若者支援に関心のある方は、ぜひご参加ください。

第4会場 10:00-12:00 「地域支援者のための入門セミナー――HIV・依存・セクシュアルヘルスの支援」

薬物使用などのメンタルヘルスやHIV/エイズなど性の健康に課題を抱えたLGBT当事者は、コミュニティの中でもなかなか声をあげにくく、支援を受けられないでいることがあります。元々抱えている悩みに加えて、相談先がわからない・受け入れてもらえるか不安、などと相談を躊躇してしまうこともあります。一方、司法や精神保健、高齢者・障害者福祉等の支援機関で、はじめてLGBTの課題が浮かび上がることもあり、地域の支援者の理解の促進が望まれています。

行き場を失いがちな難しさを抱えたLGBTを地域でどう支援していくのか。現場の専門家や当事者と一緒に考えます。

登壇者(敬称略)
浅沼智也
カラフル@はーと共同代表。看護師。
谷山廣
機能不全家庭での虐待や依存症発症を経て、依存症自助グループに繋がり、12ステッププログラムの実践を通して回復を続ける当事者。
上岡陽江
精神保健福祉士。薬物・アルコール依存症女性の回復と自立をサポートすることを目的に設立されたダルク女性ハウス代表。著書に『生きのびるための犯罪(みち)』、共著に『その後の不自由』ほか。
生島嗣
社会福祉士。NPO法人ぷれいす東京代表。HIV陽性者、パートナー、家族のための相談支援に従事。研究活動はHIV陽性者の就労、ゲイ男性の薬物使用、メンタルヘルス、HIV啓発をテーマにしている。

司会: 大槻知子牧原信也 (ともにぷれいす東京、社会福祉士)

第1会場 13:00-14:30 「GID/トランスジェンダーと医療」

トランスジェンダー(Transgender/TG)とは出生時に法律的・社会的に割り当てられられた性別とは異なる性別を生きる人(またはそれを望んでいる人),GID(Gender Identity Disorder/性同一性障害)とは「精神障害の診断と統計マニュアル」(DSM)に表記された医学的な診断基準でこの診断を受けた人のことを指します。2013年のDSM-5からは性別違和(Gender Dysphoria/GD)という新たな基準に変更され、GIDに比べ多様な性自認の人々に幅広く当てはめることが可能になりました。

この分科会では、数多くのTG/GID(GD)当事者と臨床の現場でかかわってこられた専門家・はりまメンタルクリニックの 針間克己 院長にGIDから性別違和への変更についてをメインに現在の日本のTG/GID(GD)と医療についてお話していただきます。

また、TG/GID(GD)当事者はその治療だけではなく、日常的な医療機関の受診や医療サービスを受けることに対する壁を感じる場面が多いという話をよく耳にするため、今回独自にTG/GID(GD)当事者を対象にした医療に関するアンケート調査を行い、その中間結果を発表します。内容は、TG/GID(GD)当事者であることを理由に病院などの医療機関への受診を抑制した経験や受診・入院した際に不快な経験をしたこと、反対に配慮があって嬉しかったことなどです。TG/GID(GD)当事者も複数登壇し、実際の体験談を聞くことが出来ます。その後登壇者同士でのクロストーク、会場とのディスカッションを予定しています。
TG/GID(GD)医療の専門家や当事者の話を直接聞ける貴重な機会です。

第2会場 13:00-14:30 「事例から学ぶLGBTと医療福祉――誰が何に困っているのか」

LGBTは今やブームとまで言われ、その言葉を見聞きすることは日常的になりました。世の中の理解が少しずつ進む中で、様々な領域における課題が明らかになりつつありますが、医療・福祉の分野ではどうでしょうか。HIVなど特定の領域は先進的な理解と取り組みを始めていますが、その他の医療福祉分野ではまだ十分な理解と配慮がされておらず、私たち専門職の多くは「誰が何に困っているのか」分からずにいると言って良いでしょう。

この分科会では、「LGBT」と「医療福祉」の交わる領域で困難を経験した実際の事例を紹介します。事例を通し、医療福祉に携わる専門職がLGBTにどのような認識を持つべきか、また何を提供できるのか等、学びを深める場にしたいと思います。ベテランの方から「LGBTがまだよく分からない」という方まで、多くの方のご参加をお待ちしています。

 なお、当日は多職種での簡単なグループワークも予定していますので、会場では周囲にお声がけいただき、できるだけ職種が偏らないようご着席ください。

第1会場 14:40-16:10 「地方自治体におけるLGBT支援」

昨今、地方自治体によるLGBT支援が活発になっています。これまでLGBTの人々は地域社会で暮らしていても、しばしば沈黙を強いられ見えない存在にされてきました。学校や職場、医療・福祉サービスへのアクセスなどで困りごとがあっても、当事者たちはそもそも「行政を頼っていい」という発想さえ持ちにくかったのです。それが今、少しずつ変わろうとしています。

本分科会では、LGBT支援に取り組む自治体として 横須賀市、千葉市、那覇市の担当者の3名をお招きします。横須賀市は全国に先駆けてLGBTなどの性的マイノリティ支援に取り組み、2018年5月には「全国でもっともLGBT支援施策に取り組んでいる自治体」として話題になりました。横須賀市は市立病院において、緊急搬送時の病状説明や手術への同意書への署名などの場面で同性パートナーを親族と同様に扱うことを明言しています。千葉市は今年、市職員や関係者が正しい理解のもと、適切な対応ができるように「LGBTについて知りサポートするためのガイドライン」を策定しました。那覇市はカミングアウトしにくい地域性がある中、2015年「性の多様性を尊重する都市・なは宣言」を実施。現在、戸籍上同性のカップルを対象とするパートナーシップ登録を行なっています。分科会を通して、どのようなLGBT支援施策を行っているかや、取り組みの中でどんな工夫があったかを詳しく伺います。

第2会場 14:40-16:10 「LGBTと介護 ~多様なニーズ・ともに創る介護」

だれもがたずさわる可能性のある「介護」という営み。その介護の現場での、セクシュアルマイノリティへの理解やニーズの認識は、まだ途上という現状があります。そこには、プライバシーに関わり、かつ継続的なサービスだからこそ、プライベートなことの「言いにくさ」や、セクシュアリティや生活の価値観などの違いにより、セクシュアリティやニーズの表明をするかどうか、どのようにサービスを利用したいか、などにも違いがあるという側面もあります。また、介護サービスに関わる多職種への多様なセクシュアリティについての教育・研修の必要性などの課題もあります。

その中で、セクシュアルマイノリティ当事者が、パートナーとの関係や、支援へのニーズなどを伝えて、安心して介護サービスを利用したいと望んだ時、どのようにしてともに考え、ケアプランを創っていけるでしょうか?また介護サービス従事者が、セクシュアリティや家族の在り方の多様性を理解し、ニーズに寄りそう支援を提供するために必要な取り組みとは何でしょうか?

この分科会を通して、多様なニーズに寄りそう介護について、現状や課題を皆様と共有し、考えていければと思います。また、介護サービスを受ける時、自身や家族・周りの大切な人の思いを尊重するための意思表示や選択などのために、「今からできる介護・老後への備え」としての情報や制度について、共有できればと思います。

2018.02.192018年教養教育高度化機構シンポジウム:「東京大学 初年次ゼミナールの軌跡と展望」を開催します

カテゴリー:イベント


日時:2018年3月14日(水)13:00〜18:00
場所:東京大学駒場Iキャンパス

21 KOMCEE East  K011教室(講演会)
21 KOMCEE West  MMホール(ポスター発表、懇親会)

参加費:無料
申し込み方法: こちらから事前申込みをお願いいたします。
主催:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構 初年次教育部門

東京大学では、教育の「国際化」、「実質化」、「高度化」を目標として、2015年度より学部教育の総合的教育改革が開始されました。本改革では、学事暦の変更や授業時間の延長などさまざまな取り組みが行われ、その中でも「実質化」の中で主体的な学びの促進をはかるために始められたのが、初年次・少人数チュートリアル授業である「初年次ゼミナール」です。「初年次ゼミナール」は、東京大学に入学したばかりの学生が全員履修しなければならない必修の基礎科目であり、学術的な学び(アカデミック体験)を通した、学生の学びの意識の改革と、基礎的な学術スキル習得を目的としています。
本シンポジウムでは、開始から3年を経た「初年次ゼミナール」に焦点を当てて、その成果や展望について議論します。
*ポスターセッションでは、教養教育高度化機構の各部門の活動報告および、初年次ゼミナールを履修した学生による成果発表を行います。軽食付き。

プログラム

■第一部
13:00〜13:10石田 淳 総合文化研究科・研究科長
開会挨拶
13:10〜13:20西中村 浩 教養教育高度化機構長
シンポジウム趣旨説明
13:20〜13:40森山 工 総合文化研究科・副研究科長
「東京大学の挑戦 -学部教育の総合的改革について-」
13:40〜14:00佐藤俊樹 総合文化研究科教授
「advanced でseamless な 初年次教育へ」
14:00〜14:20増田 建 初年次教育部門長
「初年次ゼミナール理科 ーアクティブラーニングによる理系初年次教育ー」
14:20〜14:40椿本弥生 初年次教育部門特任准教授
「データからみる初年次ゼミナールの学び」
14:40〜15:10休憩
ポスターセッション(21 KOMCEE West MMホール)
■第二部
15:10〜16:00基調講演
濱名 篤 関西国際大学学長
「初年次教育は大学教育に何をもたらすのか」
16:00〜16:20坂口菊恵 初年次教育部門特任准教授
「センサーとIoTのひらく教育評価の可能性」
16:20〜16:50開 一夫 総合文化研究科教授
「教育改革の認知科学的評価に向けて」
16:50〜17:00齋藤晴雄 初年次教育部門教授
閉会挨拶
17:00〜18:00ポスターセッション & 懇親会(21 KOMCEE West MMホール)

2017.10.10「LGBT世代間懇話会」を開催しました

カテゴリー:イベント
2017年10月7日(土)に東京大学駒場I キャンパスにて、「LGBT世代間懇話会」を開催しました。
LGBTへの肯定的な論調が生まれている現在では想像もできない差別・問題が、20年前にはありました。
長年活動を続ける性的マイノリティサポート団体が、どんな問題にどう対処したか。若者世代は、今後想定される問題に上の世代の知見をどう生かすべきか。
考える場として、所属や世代を超えた新たなつながりを作り協力関係を構築する契機となるよう、LGBT世代間懇話会実行委員会との共同で本シンポジウムを開催し、当日は約80名の方々にご参加いただきました。

LGBT世代間懇話会

日時:2017年10月7日(土)

第一部 シンポジウム 13:30~16:00(開場13:15)
第二部 情報交換会  16:00~17:30

会場:東京大学駒場I キャンパス

第一部 21 KOMCEE East(2階)K211教室
第二部 21 KOMCEE West MMホール
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html

参加費:無料

主催:東京大学教養教育高度化機構・LGBT世代間懇話会実行委員会

イベント概要:http://kokucheese.com/event/index/486978/


プログラム

13:30~16:00  第一部 シンポジウム「性的マイノリティサポート団体のこれまで・これから」

長年にわたり性的マイノリティサポート団体を運営してきた方々を招き、パネルディスカッションと質疑応答を行います。

第1セッション:これまでの各団体の歴史
各団体の歴史を通じ、上の世代が直面した差別や問題・その解決策をお話しいただきます。

第2セッション:社会的背景
性的マイノリティの活動へ影響を及ぼした、日本社会の背景を探ります。

第3セッション:LGBTを取り巻く現状
性的マイノリティへの根強い差別を知り、前2つのセッションで学んだ事例を今に当てはめて考えます。

第4セッション:これからの展望・提言
偏見と差別をなくすための、具体的取り組みを提言します。

第5セッション:フリートーク・質疑応答
若い世代の参加者の疑問に答え、世代間の闊達な議論を行います。


16:00~17:30  第二部 情報交換会 ―サポート・事業・つながりをひとりひとりへ広げる―

参加者の行っている活動・事業・研究等について話してもらい、全体でシェアすることで、新しい協力関係を作る場とします。
*活動・事業等を紹介するフライヤー等があれば、お持ちいただいて配布していただくことができます。


2017.06.13マタハラの原点!ジェンダー問題と長時間労働を考える
WS・トークショーを行います

カテゴリー:イベント

日時:  2017年6月24日(土) 16:00-18:00(15:30 開場)
会場:  東京大学駒場I キャンパス 21 KOMCEE East 2F K211
参加費: 資料代500円 学生は無料(学生証をお持ち下さい)
定員: 100名
申し込み方法:なるべくこちらから事前申し込みをお願いいたします。
主催:NPO法人マタハラNet・東京大学教養教育高度化機構 
問い合わせ先:info<at>mataharanet.org
       <at>を@に替えてご送信下さい。

連日報道を賑わす働き方改革。生産性向上や労働者の心身の健康の観点から注目が集まります。長時間労働の慣行は、家庭生活と職業生活を両立させようとする際にも死活問題となります。

こうした現状を受けて、今年から育児・介護休業法が改正・施行されています。非正規で働く労働者の育児休業がとりやすくなり、マタハラ・パタハラを防止する措置を講じることを事業主に義務付け、違反者への罰則規定が盛り込まれるなど、具体的な対応策が取られることになります。

働く女性の労働環境はどのように変化したのか、変化していくのか。第一線の現場で問題に取り組んできたスピーカーの皆さんに今後の展望をうかがいます。
学生・教職員の積極的な参加とディスカッションを期待しています。

プログラム

Part 1

16:00~開会のご挨拶
 山名芳高(マタハラNet 理事)
ミニワークショップ・マタハラ防止DVD上映

Part 2

16:40~基調講演
 河村のり子さん :「 働き方改革」がやって来た
 (厚生労働省 派遣・有期労働対策部企画課 内閣官房働き方改革 推進室企画官)
17:10~トークショー
 渥美由喜さん
 (ダイバーシティコンサルタント・兼務 東レ経営研究所)
 圷由美子さん
 (東京弁護士会男女共同参画推進本部事務局次長)
 河村のり子さん
 坂口菊恵さん
 (東京大学教養教育高度化機構特任准教授・マタハラNet 理事)
18:00閉会のご挨拶
 宮下浩子
(マタハラNet 代表理事)

2017.04.22LGBT×貧困:
性的マイノリティが遭遇する困難・ピアサポートの可能性

カテゴリー:イベント


日時: 2017年5月3日(水曜・祝) 14:00-17:00
場所:   駒場Iキャンパス 21 KOMCEE East K011(B1F)

申込不要。日本手話の手話通訳がつきます。
資料代をいただきますが、支援に役立つパンフレットを配布します。
皆さまふるってお越し下さい。

広報チラシ裏面

担当: 坂口菊恵

2017.02.14世界の中の日本、日本の中の世界:「国内で実施する国際研修」の挑戦

カテゴリー:イベント

東京大学ではtu_publicsymposium_poster近年、学部生を海外に派遣する従来型の国際研修プログラムに加えて、海外の学生を日本に呼び東京大学の学生と一緒に学ばせる短期型国際研修プログラムを実施してきました。このシンポジウムでは、このような新しい国際研修プログラムの成果を、類似したプログラムを提供している北海道大学及び韓国西江大学校の事例とともに共有し、こういった試みをさらに広げていくための課題を考えます。

 

・日程:3/18(土)午後1時-午後5時(12時30分開場)
・場所:東京大学駒場キャンパス 21KOMCEE East K011( http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html
・言語:日本語及び英語
・主催:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属国際交流センターグローバリゼーションオフィス
・共催:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属グ口ーバルコミュニケーション研究センター及び教養教育高度化機構初年次教育部門
・関連URL: http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/news/events/20170213093055.html
・お問合せ: kyungnam.moon@komex.c.u-tokyo.ac.jp

※要事前申込(申込先: http://goo.gl/01pwH4

※当日の様子は、編集を経て東大テレビにて後日配信される予定です。何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。


 プログラム

13:00~13:05開会の挨拶
13:05~14:00基調講演「国際高等教育における学びの多様性:短期型国際研修の可能性と課題」(上智大学・杉村美紀副学長)
14:00~15:00報告Ⅰ「東京大学の取り組み:ANUとプリンストンの学生とともに学ぶ」(東京大学・矢口祐人教授/トム・ガリー教授)
15:00~15:15休憩
15:15~15:45報告Ⅱ「Cool Hokkaido:グローカルな文化研究を創造する」(北海道大学・瀬名波栄潤教授)
15:45~16:15報告Ⅲ「Sogang Korean Studies Bridging the Globe」(韓国西江大学校・Kim Dong-Taek教授)
16:15~17:00総合討論

2016.11.02駒場祭シンポジウム:東京大学「初年次ゼミナール」の挑戦 II
アクティブラーニングの実践例を中心に

カテゴリー:イベント

poster800日時:  2016 年11 月27 日(日) 12:30-15:00(12:00 開場)
会場:  東京大学駒場I キャンパス 21 KOMCEE East B1F K011
参加費: 無料
定員: 200名
申し込み方法:事前申込不要
主催:東京大学教養教育高度化機構 初年次教育部門
協力:アクティブラーニング部門
問い合わせ先:portal<at>fye.c.u-tokyo.ac.jp (担当 田上)
       <at>を@に替えてご送信下さい。

「学生主体型」授業への転換がさまざまな教育現場で目指される中、専門的な学習の入り口としての大学教育での実践はまだそれほど普及しているとはいえません。

「初年次ゼミナール」は、理科生には全く新たに、文科生には約20年の歴史を持つ「基礎演習」を改編して、2015 年度からスタートした少人数アクティブラーニング型の必修科目の授業です。本シンポジウムでは、「初年次ゼミナール」で各担当教員がどのように工夫を凝らしてアクティブラーニング型授業を実践していったか、得られた成果はどのようなものか、TA(ティーチング・アシスタント) や履修学生も交えて報告します。

授業実践を通じた気づきや疑問点について、フロアの皆さまと意見交換をするセッションも設けます。


スケジュール

12:00開場
12:30-12:35開会挨拶
     教養教育高度化機構 初年次教育部門長 増田 建  
12:35-13:40初年次ゼミナール理科
ー授業におけるアクティブラーニングの実践パターン
     教養教育高度化機構 初年次教育部門 坂口菊恵
―授業実例「東京の街を歩き、その空間について考える」
     大学院 工学系研究科 都市工学専攻 小泉秀樹
―アクティブラーニングに関する意見交換
     教養教育高度化機構 アクティブラーニング部門 吉田 塁
13:45-14:45初年次ゼミナール文科
対 談
文系の初年次教育への「アクティブラーニング」導入:その課題と実践
     教養教育高度化機構 初年次教育部門 岡田晃枝
     大学院 総合文化研究科 超域文化学専攻 田村 隆
     大学総合教育研究センター 中村長史
履修生による発表
アカデミック・スキル習得とアクティブラーニング:授業への提言
14:45-15:00質疑応答

トピック詳細

授業におけるアクティブラーニングの実践パターン(坂口菊恵)

リニアモーターカーの模型

リニアモーターカーの模型

サイエンティフィック・スキルの習得とアカデミック体験、グループによる共同学習を3大目標としてかかげる「初年次ゼミナール理科」では、各学部の教員により100の授業が開講されます。第1・2週は共通授業ですが、その後の個別授業の構成は各教員に任されています。

本トークでは、2016年に開講された授業を最終成果物のタイプや重視されるサイエンティフィック・スキルによって分類し、特徴的な授業構成や、よく用いられたアクティブラーニングの手法について紹介します。


授業実例「東京の街を歩き、その空間について考える」(小泉秀樹)

初年次ゼミナール理科の中でも、現場におもむいてデータを取得し、学生の問題意識に基いて分析・発表を行う「フィールドワーク型」授業の紹介です。各地のまちづくり事業に協力されている小泉先生がどのようにグループワークを指導されたか、学生はどのような成果物を残したかうかがいます。

分野や教育現場の種別にかかわらず、参考となるヒントが多く得られるでしょう。

アクティブラーニングに関する意見交換(吉田 塁)

アクティブラーニングの研究・教育を専門とする吉田先生がファシリテーターとなり、来場者と初年次ゼミナール理科運営経験のある教員との間で意見交換を行います。アクティブラーニングの手法についての説明も行います。

2016.11.02「歴史教育を通じた和解プロセス」講演会

カテゴリー:イベント

20161119teachigpast日時:2016年11月19日(土)13:30-15:00
場所:東京大学駒場キャンパス18号館ホール
講演者:クリスティナ・クルリ教授(ギリシア・パインテイオン大学)
概要:旧ユーゴスラビアの民族紛争のあと、民族和解のために11か国の研究者が集まって共通の歴史教材を作成しました。そのプロジェクトのリーダーをつとめたクルリ先生の講演会です。

全学自由研究ゼミナール「平和のための東大生ができること」で行った「世界の教科書でヒロシマ・ナガサキはどう書かれているか/書かれていないか」をテーマにしたプロジェクトのポスター発表による成果報告会を、同じ会場で行います。
使用言語:日本語・英語(日本語通訳付き)

2016.02.15初年次ゼミナール理科のTAを募集しています

カテゴリー:お知らせ
「初年次ゼミナール」の授業運営やサポートに参加してみませんか?
大学院生の方は教育歴になります!

TA募集ビラ

2015年4月より、入学した全理科生を対象に1クラス20名程度のチュートリアル形式の初年次ゼミナールが開始されました。
参考:  FYS portal (初年次ゼミナール理科ポータルサイト)

初年次ゼミナール理科では、現在いくつかの授業でTAを募集しています。

また、授業時間外もグループワークを通じて能動的に学習を進め、基礎となる学術的スキルを身につけてもらうため、TAによる時間外学習サポートが必要となります。

そのため、次のとおりTAの募集を行っておりますので、興味のある学生がおりましたら、教養教育高度化機構・初年次教育部門担当者までお申し出ください。

なお、勤務場所は、駒場Iキャンパスになります。


勤務時期:2016年度Sセメスター
応募資格:東京大学理科系の大学院・学部に所属する院生と学生
作業内容:ICT 機器の管理や操作、情報検索、ディスカッションや論文執筆・グループワークの学習相談
時給  :博士課程 1,190円
修士課程  990円
学部生   925円
※駒場I・IIキャンパス以外に所属する方には応分の交通費を支給します。

授業TA

募集人数:若干名
勤務場所:駒場Iキャンパス 各教室
勤務時間:1コマ105分+授業準備と学生からの質問対応
授業内容・曜限についてはお問い合わせ下さい。

ラーニングコモンズ

募集人数:10名程度
勤務場所:駒場Iキャンパス 21KOMCEE WEST B1F
勤務時間:平日 昼休み(12:15-13:00)
6限 (18:35-20:30)

連絡先 :教養教育高度化機構 初年次教育部門
担当:松本
アドレス:commonsta★fye.c.u-tokyo.ac.jp (★を@に替えて送信して下さい)
TEL :03-5454-4097

2015.12.18アメリカLGBT活動の現在 IVLP東京報告会

カテゴリー:イベント

2015年 Aセメスター学術フロンティア講義
「ダイバーシティデザイン講座:多様性社会を知る〜違いを認め合う社会づくり」
のスピンアウトシンポジウムを行います。

日程: 2016年1月9日(土)
会場: 東京大学駒場Iキャンパス 21KOMCEE WEST
駒場キャンパス アクセスマップ
14:00-17:00  シンポジウム      レクチャーホール
17:00-19:00  情報交換会(軽食あり) MMホール
主催: 東京大学教養教育高度化機構・石丸径一郎(東京大学LGBTQ 教職員会・教育学研究科)
共催: 虹色ダイバーシティ・なんもり法律事務所・FRENS・Rainbow Soup・Love Act Fukuoka
協賛: LGBT ファイナンス(バークレイズ/ EY/ ゴールドマン・サックス/J.P. モルガン/ 野村證券株式会社/UBS グループ)・Fruits In Suits
参加費:情報交換会 1,000円
事務局:event [at_mark] fye.c.u-tokyo.ac.jp (担当:坂口・五十嵐)
[at_mark]を@に差し替えてメールして下さい。

多目的トイレあります。
手話通訳(日本手話)がつきます。

IVLPsympo950アメリカ国務省が主催する人物交流プログラムIVLP(International Visitor Leadership Program)にて、LGBT のテーマで日本のアクティビスト5名が選出され、2015 年7月に3週間、5 都市の視察を行いました。
その成果を共有し、これからの日本のLGBT 活動の展望を考える会を開催します。

多くの学生・一般の方々の参加をお待ちしています。

申し込み

参加申し込みはPeatixのサイト(こちらをクリック)よりお願いいたします。
シンポジウムは当日でも参加できます。
情報交換会は、人数を把握する必要がありますので、
事前登録をお願いいたします。

取材を希望される方

大学への事前申請が必要です。事務局にお問い合わせ下さい。
広報申請様式


スピーカー&トピックス

  • 村木真紀(NPO法人 虹色ダイバーシティ代表:『職場のLGBT読本』著者)
    日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2016」チェンジメーカー賞 受賞

    1. 全米最大の支援団体ヒューマンライツキャンペーン
    2. ワールドアウトゲームズマイアミ、官民一体の誘致活動
    3. シンクタンク機関、ウィリアムインスティチュートの役割
  • 南 和行(なんもり法律事務所 弁護士:『同性婚—私たち弁護士夫夫です』著者)
    1. 弁護士の視点から見る、日米の状況・活動の違いと共通すること
    2. 人権保障の担い手としての弁護士の役割
  • 小嵒[こいわ]ローマ(NPO法人 Rainbow Soup代表)
    1. 大都市と地方都市、地域による温度差 偏見・差別との闘い
    2. 国、政党、民間、さまざまなレベルで活動するLGBT支援グループの存在
    3. 公民権運動発祥の地・モンゴメリーにおけるLGBT支援
    4. 違いを乗り越えて繋がろうとする活動のあり方について
  • program

  • 牧園祐也(Love Act Fukuoka代表)
    1. ダブルマイノリティの問題(LGBTと不法移民)
    2. ロサンゼルスLGBTセンターの状況と役割
      特にHIV検査や相談の取り組み、ユース支援の取り組み
    3. 組織運営における日米の違い
    4. 若者のいじめ防止を目指すIt Gets Betterの取り組み
  • 石崎杏理(FRENS代表)
    1. アメリカのLGBTQユースサポートの事例
    2. 各地の取り組み、センターの状況、学校での現状
    3. ホームレスになってしまうユースへの支援
    4. 日本の課題と必要な方策など
  • 諸星航洋(東京大学経済学部4年生)
    「性的マイノリティである学生が就職先に求める環境」
  • 石丸径一郎(東京大学LGBTQ教職員会・教育学研究科)
    「東京大学とLGBT」

タイムスケジュール

TimeSpeakerTopic
14:00坂口菊恵
(教養教育高度化機構)
開会挨拶
14:05-14:25南 和行Grassroots Advocacy for LGBTI Rights
14:25-14:40村木真紀
14:40-14:55牧園祐也
14:55-15:15石崎杏理アメリカのLGBTQユースサポート
15:15-15:25       休憩
15:25-15:45小嵒 ローマ
15:45-16:05       IVLP全体質疑
16:05-16:20諸星航洋「性的マイノリティ当事者が職場に求める環境調査」 調査結果報告
16:20-16:30石丸径一郎東京大学とLGBT
16:30-16:50       全体質疑
16:50坂口菊恵
(教養教育高度化機構)
閉会のことば

アクセス案内

21 KOMCEE WESTまでの経路

barrierFreeThumb


参考リンク

2015.11.12国連白熱教室~中央アジア編@東京大学

カテゴリー:イベント

20151112UNDPTokyo日時:2015年11月16日
場所:21 KOMCEE WEST
アレクサンダー・アヴァネソフキルギス国連常駐調整官兼UNDPキルギス常駐代表と杢尾雪絵UNICEFキルギス事務所代表を駒場キャンパスにお招きし、「国連とキルギス:パートナーシップと持続可能な開発」をテーマにワークショッ形式で講演が行われました。

2015.11.08駒場祭シンポジウム:東京大学「初年次ゼミナール」の挑戦

カテゴリー:イベント

komapasympo
日時:  2015 年11 月23 日(月・祝) 12:50-14:30(12:35 開場)
会場:  東京大学駒場I キャンパス
21 KOMCEE West B1F オープンスペースアリーナ
参加費: 無料
申し込み方法:事前申込不要

平成27年度から、東京大学教養学部前期課程では新たな少人数制必修授業「初年次ゼミナール文科・理科」がスタートしました。この授業は、新1年生の意識改革と基礎的な学術スキルを身につけることをめざしており、文科については基礎演習を発展的に組みかえ、理科については全く新たに始められた取り組みになります。

理科においては全理系学部および研究所・センターから専門分野の多様な教員が参集し、グループワークを軸に実験やプログラミング、論文講読などを組み合わせ、さまざまな工夫を凝らして新入生に大学での学びのあり方を体験させる試みが行われました。文科・理科ともに上級生がTA(ティーチング・アシスタント)として授業に加わり、親身な指導が重視されたのも特徴でした。

本シンポジウムではその成果と課題、ユニークな授業内容について紹介します。実際に授業を担当した教員のみならず、学生やTA(ティーチング・アシスタント)も登壇します。
駒場祭3日目に学術企画シンポジウムとして開催します。


スケジュール

12:35開場
12:50-13:10初年次ゼミナールとは、概要説明・授業評価アンケート (松本悠先生)
13:10-13:25理科授業例「私たちの身近にあるワンパクなタンパク質を科学する」
(農学部 高橋伸一郎先生)
13:25-13:40理科授業例「数学・物理をプログラミングで考える」
(工学部 山崎俊彦先生)
13:40-13:45初年次ゼミ文科の概要(岡田晃枝先生)
13:45-14:00文科授業例「グローバル時代における地域文化研究」
(グローバル地域研究機構 遠藤泰生先生)
14:00-14:10文科授業実感 (学生有志)
14:10-14:20授業およびラーニングコモンズでのサポート実感
(岡田晃枝先生・TA 中村長史さん)
14:20-14:30フロアより質疑応答

紹介する授業の詳細

理科授業例「私たちの身近にあるワンパクなタンパク質を科学する」

生体内で起こるほとんどすべての現象はタンパク質を必要としています。また私達は、生物からタンパク質を取り出し、生活に役立てています。今回の講義では、座学と実験からタンパク質の性質の一部を学んだ後、4つのグループに分かれ、生命現象や生活に活きているタンパク質について、その凄さを、科学者ではない皆さんにわかってもらうためのツールを作りました。

理科授業例「数学・物理をプログラミングで考える」 授業紹介より

内容は、物理・数学の問題をコンピュータ(数値計算)で解くことです。

このゼミの目的は2つあります。
1つめは、講義で学習する数学や物理は数式を解くだけで、なかなか実感を伴いません。また、単純な運動方程式でも実世界は物体の大きさ、摩擦など様々な影響を考慮しなくてはいけませんが、理論上は全て理想化して省略されます。講義で学習するような美しい理論を現実的なモデルに拡張し、かつそれを可視化することによって直感的に理解できるようにすることを目指しています。
2つめは、それをプログラミングの力を借りて行うということです。他のプログラミングの講義では、おそらく文法や計算手法の学習に力点が置かれていると思います。このゼミではそうではなく、実際に数学・物理現象をシミュレーションし可視化するための道具としてプログラミングを利用します。数学・物理の勉強をしながらプログラミングも同時に学べます。

2015.06.02トルクメニスタン大使の講演会&国際交流イベント

カテゴリー:イベント

2015年6月2日(火)17:00〜
21 KOMCEE Westレクチャーホール

トルクメニスタン大使の講演会と、本学学生によるトルクメニスタン研修報告会を開催し、100名以上の参加者が訪れました。

前期課程全学自由研究ゼミナール「平和のために東大生ができること」の選抜メンバーは、昨年の夏休みにトルクメニスタンで海外研修を行いました。6月2日のイベントでは、現地で何を見て、現地の学生とどんな議論を交わしたかなど、参加学生が報告を行いました。
トルクメニスタンは永世中立国で、今年はその20周年の節目の年にあたります。研修中の学生ディスカッションでは、現地の学生からの基調講演の一つ目が「中立政策について」でした。アフガニスタンに隣接し、ロシアとトルコとイランという大国に挟まれた国の安全保障・外交政策とは?

在日トルクメニスタン大使の講演と学生の報告会の後には、トルクメニスタンの美しい民族衣装や民芸品を、トルクメニスタンの伝統的料理プロフを召し上がりながらご覧いただく展覧会を行いました。

1 / 212