FYE

FYE

メニューを開く

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属
教養教育高度化機構初年次教育部門

HOME >  PRESS&PUBLICATION

2021.09.22「International Journal of Institutional Research and Management」に椿本先生の論文が掲載

カテゴリー:PUBLICATION

International Institute of Applied Informatics (IIAI) が発行する「International Journal of Institutional Research and Management」(Vol.5, No.1, 2021)に、椿本先生による初年次ゼミナール理科のTA育成に関する論文「Mediation Effect of the Improvement in Teaching Assistant Quality on Students’ Evaluations of Their First-Year Experience.」と共著による「An Approach for Academic Success Predictive Modeling based on Multi-objective Genetic Algorithm.」が掲載されました。

2021.07.12「Open Access Government」に椿本先生の執筆記事が掲載

カテゴリー:PRESS

Open Access Governmentが発行する「Open Access Government」(July 2021)p.256-257に、椿本先生による学習支援人材の育成についての記事「What kind of HR does Japan need?」 が掲載されました。

2021.04.01「東京大学 教育研究データ分析室紀要 第3号」に初年次ゼミナール理科に関する調査結果が掲載されました

カテゴリー:PRESS


2021年3月に発行された「東京大学 教育研究データ分析室紀要」第3号(2020年度)p.33-46で、「2020年度初年次ゼミナール理科の学修効果について」と題して、「初年次ゼミナール理科」の授業評価アンケートのとりまとめ結果が椿本弥生特任准教授により報告されました。

2021.03.31「オンライン授業等におけるグッドプラクティス総長表彰」受賞について

カテゴリー:PRESS

コロナ禍の2020年度、東京大学ではオンライン授業・ハイブリッド授業が精力的に進められました。
当部門の岡田晃枝先生と椿本弥生先生が、「オンライン授業・ハイブリッド授業のグッドプラクティス 総長表彰」を受賞いたしました。

2021.03.01「Impact」誌に初年次ゼミナールのTA育成に関する記事が掲載されました

カテゴリー:PRESS

Science Impact Ltd. が出版する「Impact」誌(Volume 2021, Number 2, February 2021)に、椿本先生による初年次ゼミナールのTA育成に関する記事「Maximising university education through improved teaching assistant training.」 が掲載されました。

2020.12.10学会誌『コンピュータソフトウェア』に「東京大学におけるオンライン授業の始まりと展望」が掲載されました

カテゴリー:PRESS

日本ソフトウェア科学会の学会誌『コンピュータソフトウェア』37巻3号(2020年8月号、p.3_2-3_8)に、「東京大学におけるオンライン授業の始まりと展望」が掲載されました。
東京大学の2020年4月からの授業オンライン化の準備,現状,課題,展望について述べられており、当部門の坂口先生と椿本先生が共著者に加わりました。

2020.08.28オンライン授業サポートチャットの発足・運営サポート

カテゴリー:PRESS

東京大学ではオンライン授業の実施にあたり、技術的なトラブル等の問い合わせ窓口として、学生サポーターによる
「チャットサポート」を運用しています。「チャットサポート」の発足・運営サポートに椿本先生と坂口先生が携わりました。

UmeeT (東大発オンラインメディア)の取材を受けた記事「オンライン授業のチャットサポートを知っていますか?【学生メンバーにインタビュー】」(2020年7月23日)が掲載されました。

また、学生サポーターが、運用にあたっている学生の立場からチャットサポートの現状および課題について「学生によるオンライン授業サポートチャットの運用」を発表しました。

【第13回】4月からの大学等遠隔授業に関する取組状況共有サイバーシンポジウム
開催日時:令和2年7月31日(金)(7/31オンライン開催)
主催:国立情報学研究所 大学の情報環境のあり方検討会
発表タイトル:「学生によるオンライン授業サポートチャットの運用」

2020.01.28「教学IR分析事例集」に椿本弥生特任准教授の寄稿が掲載されました

カテゴリー:PRESS

IRデータ室教学部門がとりまとめた冊子『教学IR分析事例集』(2019年8月)p.20-23に、椿本弥生特任准教授の寄稿「学生の成長はどのように把握できるか?―『初年次ゼミナール理科』における分析・把握の試み」が掲載されました。

2019.11.28「東京大学新聞」に椿本先生が取材を受けた記事が掲載されました

カテゴリー:PRESS

「東京大学新聞」(東京大学新聞社)の2019年11月19日号と26日号に、椿本弥生特任准教授が取材を受けた記事「東大の足元は今①教育編(上)(下)」が掲載されました。

2019.08.29「東大2020 考えろ東大」に駒場ラーニングコモンズが紹介されました

カテゴリー:PRESS

東京大学新聞社編集による現役東大生がつくる東大受験本「東大2020 考えろ東大」(東京大学出版会・2019年8月2日発売、p.252-253)で、東大のサポート制度として「駒場ラーニングコモンズ」が紹介されました。掲載にあたり、岡田晃枝准教授と椿本弥生特任准教授がインタビューを受けました。

2019.04.26「東京大学 教育研究データ分析室紀要 第2号」に初年次ゼミナール理科に関する調査結果が掲載されました

カテゴリー:PRESS


2019年3月に発行された「東京大学 教育研究データ分析室紀要」第2号(2018年度)p.31-42で、「2018年度初年次ゼミナール理科の学修効果について」と題して、「初年次ゼミナール理科」の学修効果に関する調査の主な結果が椿本弥生特任准教授により報告されました。

2019.03.12「東京大学 統合報告書2018」に初年次ゼミナールの取り組みが紹介されました

カテゴリー:PRESS

2018年10月20日に発行された「東京大学 統合報告書2018」p.42-43で、「学びの意識を変革する『初年次ゼミナール文科・理科』」と題して、「初年次ゼミナール」の取り組みが活動実績として紹介されました。

2018.11.30教養教育高度化機構シンポジウム「東京大学初年次ゼミナールの軌跡と展望」報告書

カテゴリー:PUBLICATION, 報告書
報告書 全40ページ

2018年3月14(水)に開催された教養教育高度化機構シンポジウム「東京大学初年次ゼミナールの軌跡と展望」の報告書です。

はじめに

  • 開会挨拶  総合文化研究科長・教養学部長 石田 淳
  • シンポジウム趣旨説明  教養教育高度化機構長 西中村 浩

シンポジウム第Ⅰ部

  • 「東京大学の挑戦-学部教育の総合的改革について-」 
    総合文化研究科 副研究科長 森山 工
  • 「advanced でseamless な 初年次教育へ」 
    総合文化研究科 教授 佐藤 俊樹
  • 「初年次ゼミナール理科ーアクティブラーニングによる理系初年次教育ー」
    教養教育高度化機構 初年次教育部門長 増田 建
  • 「データからみる初年次ゼミナールの学び」 
    教養教育高度化機構 初年次教育部門 特任准教授 椿本 弥生

シンポジウム第Ⅱ部

  • 基調講演「初年次教育は大学教育に何をもたらすのか」 
    関西国際大学 学長 濱名 篤
  • 「センサーとIoTのひらく教育評価の可能性」 
    教養教育高度化機構 初年次教育部門 特任准教授 坂口 菊恵
  • 「教育改革の認知科学的評価に向けて」 
    総合文化研究科 教授 開 一夫

教養教育高度化機構 部門教員紹介